初めての皮膚科通院で知っておきたいコト

複数回の通院は必須

シミ取りレーザーは繰り返し受けることで効果を発揮します。薄いシミなら1回のレーザー治療でも高い効果を発揮しますが、濃いシミなら最低2回はレーザーを受けることも。通院を考慮して自宅から通いやすい範囲で選びましょう。

レーザー治療後もシミの可能性あり

シミはシミの原因となる生活習慣によって出て来るものです。その為、シミ取りレーザーを受けた後でも紫外線対策などを怠ると、再度シミに悩まされることに・・それだけは注意しましょう。

皮膚科でシミ予備軍を知る

皮膚科には特殊な装置があり、将来的に出て来るシミの存在をキャッチすることができます。それを写真化して見ることができるのでリアルに自分のシミについて考えさせられるでしょう。皮膚科では治療のみならず、予防の為の施術も受けられますよ。

事前のカウンセリング

ここまでの情報を知る為に、自分で調べることももちろん必要ですが、どの皮膚科でもカウンセリングを行なっているので、気軽に足を運んでみましょう。レーザー治療に関する全てを教えてくれますよ。

施術当日はスッピン

肌に直接レーザーを照射させるので、ファンデーションを重ねるのはNGですよ。レーザー照射後には保護テープを貼っているので、その箇所を直接触れるのも避けましょう。刺激によって色素沈着しやすくなります。

驚きのアンチエイジング

レーザー治療がぴったりのシミ

一言でシミとは言ってもその種類にはいくつかあります。肝斑、そばかす、老人性色素斑などはレーザー治療で充分な効果を実感できるでしょう。レーザーは肌内部にあるシミの元、メラニン色素を焼き切る仕組みでシミを解消していきます。
焼き切られた箇所は軽度のやけど状態になり、術後から1週間ほどでかさぶたへ変化します。それがぽろっと剥がれ落ちたら驚くほどシミが薄くなっていますよ。

施術の時間は短い

皮膚科で行なうシミ取りはどれほど時間が掛かるでしょうか。
顔にあるシミ全てにレーザーを照射するなら1時間ほど掛かるのでは・・と思う人もいますが、施術時間は言葉通りあっという間です!
最近では照射範囲の広いレーザー機器も誕生しているので、一度に照射できるシミの数も以前よりかなり増えました。
皮膚科でのシミ取りにも用いられるスイッチヤグレーザーだと100万分の1秒で照射することが可能な為、顔全体の施術でもおよそ30分で完了するでしょう。

痛みはなし

大阪で受けられるシミ取りレーザーの嬉しいところは、施術の時間が短く済む他に痛みが少ないという点があります。レーザーは肌内部のメラニン色素に刺激を与えるものの肌表面は素通りの為、肌表面に影響を与えることは一切ありません。
パチっとする感触すらも不安だという利用者の為に、皮膚科の中には痛み止めクリームを用意しているところもあるので、初めてシミ取りを体験するときはあらかじめ相談しておきましょう。

症例写真が決め手

シミ取りを行なっている皮膚科の多くが、施術前と後の変化を分かりやすいように症例写真を掲載しています。ほとんどの皮膚科では同じようなレーザー機器を備えていますが、こうした症例写真があると通い先となる皮膚科をより選びやすいでしょう。

広告募集中