皮膚科でシミ取りする前にチェック、生活習慣にシミの原因あり

悩ましいシミとはさようなら!美肌へのステップアップ

頬に触れる人

同級生よりも若々しく

自身で行なえる美容活動は限られているもの。年齢を重ねる度に増えるシミをどうにかしたいと思うなら、皮膚科という駆け込み寺の門を叩いてみましょう。驚愕のアンチエイジング効果は本物です。

READ MORE
婦人の横顔

効果と料金

それが見合っているかどうかを見極めることは重要。皮膚科が掲載している症例写真と、それぞれの料金を徹底的に比較して自分の希望にマッチする一つを見つけましょう。

READ MORE
ウーマン

受けて終わり、ではなし!

シミ取り治療を皮膚科で受け終わった後にはしっかり肌の為のアフターケアに力を入れましょう。アフターケアのおかげでシミは綺麗になくなり、元の素肌を取り戻すことができますよ。

READ MORE

悩ましいシミの種

スキンケアのミス

美肌の為には保湿第一になります。その為、お風呂あがりや洗顔後には化粧水や乳液、美容液は欠かせませんね。そんなスキンケア化粧品を、あなたはこすりつけたり叩きつけたりしていませんか?
お肌はとってもデリケート。刺激を与えるとそれがメラニン色素になり、厄介なシミに繋がるので直ちに直すべきです。

肌トラブルから変化

ニキビや吹き出物はれっきとした皮膚病です。そんな皮膚病を皮膚科で治療せず、そのまま放置しているとクレーターとして肌に残ることがあります。凸凹としたクレーターの他に、炎症がそのまま色素沈着としてシミになる可能性も大いにあります。

カサカサ乾燥肌

夏よりも乾燥しやすい冬場には、保湿をいつも以上に念入りに行ないましょう。その理由は、カサカサとした乾燥肌もシミに発展しやすいからです。ただでさえ加齢と共に、保湿成分のコラーゲンは減る一方にあるので、古い細胞が除去されず肌に残り、シミを招く要因になるでしょう

一番の大敵、紫外線

やはり、一番の大敵は紫外線です。紫外線は直接的に肌にシミをもたらすものなのです。紫外線を受けることによって、肌内部にあるメラニン色素は活性化させるのでそれがやがて濃くなり、シミとして肌表面に現れてくるでしょう。
シミを防ぐ為には、例え曇りの日であっても外出時には紫外線対策をしっかり施しておくことが重要です。日焼け止めの塗布はもちろん、サングラスや防止、首焼けを防ぐ夏用のネックウォーマーも必須!

紫外線対策に有効的!STOP日焼け

no.1

日焼け止めの塗布

言わずもがな、やはり第一位は日焼け止めです。夏になると各メーカーから目白押しの商品が登場しますが、できる限り年中肌に塗りましょう。室内にずっといても日焼けするリスクはありますよ。

no.2

帽子とサングラス

徹底的に顔周りの日焼けを避けるなら、帽子とサングラスも欠かせないものです。最近では首周りの日焼けを防止するネックウォーマーも人気を集めていますね。

no.3

車にUVカットガラス

日焼けするときは何も徒歩のときだけではありません。車での移動中にもしっかり紫外線を浴びていますよ。紫外線を綺麗にカットする為には、UVカット仕様のガラスに替えてみませんか。

no.4

昼間の外出を抑える

仕事やプライベートに差し支えなければ、できる限り昼間の外出を減らしていきましょう。年々紫外線は強くなっています。その影響を少しでも受けない為の工夫が必要になりますよ。

no.5

化粧品の切り替え

ベースメイクを仕上げるときには、冬場よりもSPFの高い化粧品に切り替えてしまいましょう。また、美白成分の代名詞、ハイドロキノン入りの化粧品も断然オススメ!

セオリークリニックの口コミを紹介!目の下のクマを撃退☆
【PR】
大阪のクリニックで刺青除去を!
優良クリニック情報。<PR>
ほくろ除去なら優良クリニックへ。
治療で目立つほくろとサヨナラ♪悩み知らずの肌。美容整形クリニックへ行こう♪コンプレックスを改善する。
【PR】
しみ治療で人気のクリニックを多数紹介
若々しい肌が手に入る

シミ取りが私達の老化を食い止めた奇跡

やっぱりやって良かったシミ取り治療! (26歳)

私の年齢で早いと思われるかもしれませんが、外周りの多い営業なので、紫外線との戦いでした。念には念を入れた紫外線対策も虚しく、両頬に広がった肝斑を薄くしようと皮膚科へ。施術は全3回。正直ここまで薄くなるとは思いもよりませんでした。

化粧水ではどうにもならないシミ (37歳)

30代になると肌の調子が変わると言われているけど、本当その通りだなって。私のお肌には細かなシミがどんどん増えていきました。今更化粧水を高いものに切り替えたところでその効果は目に見えてる。最後の砦だと通った皮膚科は私の素肌を取り戻してくれました。

しみに悩まない女性なんているんですか? (63歳)

子育て中には自分の美容になんてかまってられません。しみが気になっていたものの、家計は全て子どもの為の費用に流れていきました。末っ子も成人した今、自分の美容のことだけを考えようと最初に選んだのがしみ取り。かさぶたと一緒にぽろりと取れるなんて本当に驚きです。

これからはお肌を大事にする美生活を (33歳)

ぶっちゃけ、これまで私はお肌のことを全くいたわってきませんでした。その為、濃いまではいかないものの肌には薄いシミが広がっています。そんなシミを全てなくすべく皮膚科に通っていますが、手間を掛けるならこれから肌の保湿はしっか行なうと決めました。

多くの人から選ばれている皮膚科 (53歳)

せっかくお金と時間を掛けて皮膚科に通うなら、と利用先となる皮膚科選びを慎重に行いました。電車で数駅離れる場所ですが、口コミでも評判高く何より診療時間が長いところが魅力的!これから綺麗な素肌を取り戻します!

広告募集中